プログラミング

MacでPythonのバージョンを切り替えて開発する方法(仮想環境設定方法も記載)

Macではデフォルトでpythonのバージョン2系が入っています。

Python3を使いたい場合、複数バージョンを切り替えたい場合は、Ptyhonのバージョン管理ツールpyenvを利用すると便利です。

pyenvをインストール

pyenvはHomebrewで簡単にインストールできます。

# まず、Homebrewのアップデート・アップグレード
$ brew update && brew outdated && brew upgrade && brew cleanup

# pyenvのインストール
brew install pyenv

# 最新バージョンが一覧に出ないことがあるらしいので、アップグレード
brew upgrade pyenv

以上で、インストール完了です。

pyenvの使い方

現在インストールされているPythonの一覧表示

$ pyenv versions

インストール可能なPythonバージョンを表示

$ pyenv install --list

Pythonのインストール

$ pyenv install <インストールしたいバージョン>

Pythonのアンインストール

$ pyenv uninstall <アンインストールしたいバージョン>

Mac全体のPythonのバージョン指定

通常使用するPythonのデフォルトバージョンを指定します。

$ pyenv global <利用したいバージョン>

特定ディレクトリだけにバージョン指定

localで設定したディレクトリとそれ以外でPythonのバージョンが変わります。

実行したディレクトリには.python-versionというファイルが生成されており、

.python-versionを削除するとlocalの指定は無くなります。

$ pyenv local <利用したいバージョン>

現在のターミナルでのみバージョン指定

$ pyenv shell <利用したいバージョン>

global設定してもバージョンがうまく切り替わらない場合

設定がうまく切り替わらない場合は、以下の設定してみると解決すると思われます。

設定後はターミナルを再起動してください。

.zshrc ファイルに設定追加

$ vim ~/.zshrc

# ↓を追記する
eval "$(pyenv init -)"

$ vim ~/.zprofile

# ↓を追記する
export PYENV_ROOT="$HOME/.pyenv"
export PATH="$PYENV_ROOT/bin:$PATH"
eval "$(pyenv init --path)"

仮想環境に特定のPythonのバージョンを使う方法

# 現在のターミナルでのみバージョンを指定
$ pyenv shell <利用したいバージョン>

# venvで仮想環境を作成
$ python -m venv <任意の名称>

# Activate
$ source <↑で指定した任意の名称>/bin/activate

# Deactivate
$ deactivate

以上です。

ありがとうございました!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA