プログラミング

【Python】ローカル環境でSelenium実行環境を作る際の手順まとめ

【Python】ローカル環境でSelenium実行環境を作る際の手順まとめ

毎回するローカル環境でSelenium実行環境を作る際の手順まとめです。

コピペで開発を開始できるようにメモしておきます。

main.pyの作成とコピペ

プロジェクトディレクトリをVSCodeで開き、main.pyを作成する。

コードは以下をコピペ

import os
import sys
import time
from selenium import webdriver

# APP実行パス
base_path = os.path.dirname(os.path.abspath(sys.argv[0]))

# ドライバパス
driver_path = os.path.join(base_path, "browser/chromedriver")

 # Headless Chromeをあらゆる環境で起動させるオプション
chrome_options = webdriver.ChromeOptions()
# chrome_options.add_argument('--disable-gpu')
# chrome_options.add_argument('--disable-extensions')
# chrome_options.add_argument('--proxy-server="direct://"')
# chrome_options.add_argument('--proxy-bypass-list=*')
# chrome_options.add_argument('--start-maximized')
# chrome_options.add_argument('--headless')

# ブラウザ起動
driver = webdriver.Chrome(driver_path, options=chrome_options)
driver.implicitly_wait(10)


# サイトにアクセス
driver.get("")
time.sleep(3)


# いろんな処理をここに書く


# ブラウザを終了する
driver.quit()

GitHubからも取得できます。

https://github.com/yuyuu-dev/default_selenium_project

ブラウザとドライバをダウンロード

  1. https://commondatastorage.googleapis.com/chromium-browser-snapshots/index.html を開く
  2. 環境を選択 ※私の場合はMac
  3. Filterにlastと入力
  4. LAST_CHANGEをダウンロード
  5. LAST_CHANGEに書かれている数字をFileterに入力
  6. chrome-mac.zipとchromedriver_mac64.zipをダウンロード

ChromiumとChromeDriverの配置

chrome-mac.zipとchromedriver_mac64.zipを解凍します。

Chromiumとchromedriverをプロジェクトディレクトリに配置します。

venv 仮想環境の準備

python3 -m venv [name]

Activate 仮想環境の有効化

source [name]/bin/activate

ライブラリのインストール

pip install selenium

コードの実行

セキュリティでブロックされた場合は、システム環境設定=>セキュリティとプライバシー=>一般で「許可」してから、再実行する。

python main.py

Deactivate 仮想環境の無効化

deactivate

ありがとうございました!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA