ビジネス

【はじめての経費(開業費)登録】会計freeeの使い方【副業】

こんにちは ゆゆう(@yuyuublog) です。

先日、開業届を開業freeeを使って作成、提出しました。

今回は、会計freeeを使ってはじめて開業費などの経費などを登録したいと思います。

前回と同様にこの記事を書きながらリアルタイムで登録しています。

まずは、無料プランで登録できそうです!

開業届については↓の記事を参照ください。

会計freeeに登録する

会計freeeを開きます。

「無料でお試し」をクリックします。

下の方にある「ログインページ」をクリックします。

※freeeのアカウントを持っていない場合は、アカウントの新規作成をおこなってください。

ログインします。

ガイドを確認する

会計フリーのホーム画面が表示され、はじめての方向けのガイドが表示されます。

「ガイドをはじめる」をクリックします。

「経費の入力を試してみる」をクリックします。

ガイドにしたがって経費を入力していきましょう。

現金で支払った経費

口座やカードの登録

開業費を入力する

freeeのヘルプによると開業費は以下の通りです。

事前に合計金額を計算しておきましょう。

個人事業の開業前にかかった費用は「開業費」という項目一つにまとめて繰延資産に計上します(個々の証憑はしっかり保存しておく必要があります)。

[設定]→[開始残高の設定]をクリックします。

今期から事業をはじめた方の[開始残高の設定]をクリックします。

2.感情科目ごとの設定にある「開業費」の欄に開業までにかかった費用の合計金額を入力します。

開業費を入力したら、「開始残高を設定」をクリックします。

開業費を「固定資産台帳」に登録する

[確定申告]→[固定資産台帳]をクリックします。

「固定資産を登録」をクリックします。

以下を入力します。

項目名入力内容
資産の名前開業費
取得日開業日
事業供用開始日※自動入力
取得価額↑の[開始残高の設定]で入力した開業費の金額
勘定科目開業費
数量・面積1
(その他の項目)(初期値・空欄)

入力が完了したら、「保存」をクリックします。

まとめ

以上で開業freeeに開業費を登録することができました。

無料プランの状態でも、登録できるのは嬉しいですね。

ありがとうございました!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA