プログラミング

Pythonでファイルが存在する場合にファイルを削除する(存在チェック)

こんにちは ゆゆう(@yuyuublog) です。

Pythonでファイルが存在する場合にのみ、そのファイルを削除するという機会がありました。

その際のコードを共有します。

実装コード

import os

if(os.path.isfile('blog.txt')):
    os.remove('blog.txt')

説明

ファイル操作を行うため、import os でosモジュールを読み込みます。

os.path.isfile() でファイルが存在するかチェックしています。

os.path.isfile()はファイルが存在した場合はTrue、存在しなかった場合はFalseを返します。

if が True つまりファイルが存在する場合にのみ、os.remove() でファイルを削除しています。

なお、os.path.isfile()os.remove()ともにファイルの指定は絶対パスと相対パスどちらでも可能です。

まとめ

以上で、Pythonでファイルの存在チェックを行ってからファイル削除をすることが出来ます。

ありがとうございました。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA