プログラミング

【PyYAML】PythonでYAMLファイル(設定ファイル)を読み込む

こんにちは ゆゆう(@yuyuublog) です。

YAML形式の設定ファイルから設定値を読み取る機会がありました。

その際のコードを共有します。

実装コード

import yaml

with open('config.yml', 'r') as yml:
    config = yaml.safe_load(yml)
    print("bench_press:", config['muscle']['bench_press'])
    print("squat:", config['muscle']['squat'])

出力結果(例)↓

bench_press:80
squat:100

前提

PyYAMLというライブラリを利用することで、Pythonで簡単にYAML形式のファイルを扱うことができます。

以下のコマンドでPyYamlをインストールしてください。

pip install pyyaml

なお、私の環境だと「command not found: pip」と怒られたので、以下のコマンドを実行しました。

pip3 install pyyaml

説明

以下のような、config.ymlという名前のYAMLファイルがあるとします。

muscle:
  bench_press: '80'
  squat: '100'

import yamlでライブラリを読み込みます。

import yaml

with open(‘config.yml’, ‘r’)でconfig.ymlを読み込み専用でオープンしています。

with open('config.yml', 'r') as yml:

yaml.safe_load(yml)でファイルの内容を読み込みしています。

config = yaml.safe_load(yml)

最後に読み込んだ値をprintで出力しています。

読み込んだ値は[‘キー’]に格納されています。

print("bench_press:", config['muscle']['bench_press'])
print("squat:", config['muscle']['squat'])

そして、以下のように出力されます。

bench_press:80
squat:100

まとめ

以上でPythonでYAML形式の設定ファイルを扱うことが出来ます。

ありがとうございました。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA