プログラミング

【Mac】FTPクライアントソフトはTransmit5がおすすめ

【Mac】FTPクライアントソフトはTransmit5がおすすめ

FTPクライアントに何をお使いですか?

私は長い間「Cyberduck」を利用していました。

「Cyberduck」は無料だしアヒルだし良いですよね。

ただ、ファイル数が多くなるとどうしても転送速度が遅く感じて困っていました。

そんな時に「Transmit5」を利用したところ、転送速度も早く動作がサクサクで驚きました。

今後は「Transmit5」を使っていくことにしましたので、おすすめさせて頂きます。

Transmit5とは

まず、簡単に「Transmit 5」とはなにかを説明します。

詳しくは公式サイトを見ていただくとして、簡単に言うと有料のFTPクライアントソフトです。

機能が豊富なため、FTPクライアント以外にも活用用途はありますが私はシンプルにFTPクライアントソフトとして利用しています。

例えば以下のサーバーに対応しています。

  • SFTP
  • FTP
  • Amazon S3
  • WebDAV HTTPS
  • Amazon Drive
  • Backblaze B2
  • Box
  • DreamObjects
  • Dropbox
  • FTPS (implicit SSL)
  • FTPS (TLS/SSL)
  • Google Drive

公式サイト:https://panic.com/jp/transmit/

おすすめポイント 転送速度が高速

最大の重要おすすめポイントです。

正直、これだけで有料なのに「Transmit 5」を使う決意をしました。

環境にもよるので一概には言えませんが私の場合、「Cyberduck」と比べると3倍は高速でした。

おすすめポイント ディレクトリ移動もサクサク軽量

転送速度だけでなく、ディレクトリの読み込みや移動もサクサク軽量です。

ここにラグがあるとストレスが貯まるので重要なポイントです。

おすすめポイント 日本語に完全対応

日本語に完全対応しています。

そのため、英語が苦手な方でも問題なく利用可能です。

海外製のソフトはどうしても英語のものが多いので助かります。

※試用期間中は画像のように右上に残り日数が表示されます。

おすすめポイント タブ機能

複数サーバーに接続する際にタブ表示出来ます。

この機能が地味に便利で、新サーバーと旧サーバーを行き来する際などに重宝しています。

サーバーはリストに保存しておけるので、クリックするだけで次々とタブを開いていけます。

便利です。

おすすめポイント UIがシンプル

UIがシンプルで綺麗にまとまっています。

ダークモードにも対応しており、最近のMacっぽいUIです。

日本語対応ということもあり、詳しい使い方を調べなくても感覚的に使えます。

無料のFTPクライアントはだとどうしても古臭いUIのものが多いので、これは個人的に嬉しいポイントです。

おすすめポイント ファイルの同期

私は利用していませんが、「Transmit 5」にはファイル同期機能があります。

ローカルのファイルとサーバーのファイルを自動で同期(アップロード・ダウンロード)する機能です。

大量のファイルをアップロードする場合は、この同期機能を使ったほうが早く正確にアップロードできるらしいです。

また、常にローカル環境のファイルとサーバーのファイルを同じものにできるのでアップロード忘れもなくなります。

ただし、誤って同期するともとに戻せないので注意が必要です。

デメリット

デメリットは価格です。

公式サイトだと買い切りで、税込5,400円。

AppStoreだとサブスクリプションで、年額2,800円。

私は公式サイトで購入しました。

安くはありませんが、快適に作業するために税込5,400円ならありだと思います。

まとめ

公式サイト:https://panic.com/jp/transmit/

税込5,400円と安くはありません。

しかし、私と同様にFTPクライアントの転送速度でお悩みの方は一度使ってみてください。

7日間の試用期間があるので気軽に試すことが可能です。

きっと購入したくなると思います。

以上です!ありがとうございました!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA