プログラミング

Dartで数値と文字列の変換(文字列補間)

こんにちは ゆゆう(@yuyuublog) です。

Dartで数値(int)から文字列(String)に変換する方法です。

方法① 文字列補間 $

文字列リテラル中にドルマーク $ で始まる表現を使って、変数名などの式とその値を使った文字列補間(String interpolation)が行えます。

つまり、文字列中で変数をそのまま扱えます。

int test = 999;
print('test=$test'); // test=999

方法② toString

toStringメソッドを使うことで数値型(int)から文字列型(String)にキャストできます。

int test = 1;
String str_test = test.toString();

まとめ

以上で、簡単に数値を文字列に変換できます。

文字列補間は最高に便利ですね。

ちなみに数値型だけでなく、以下のように配列などのオブジェクトも扱うことができます。

Javaにもこれ欲しい。。。

final items = {"title": "ゆゆうブログ"};
print("title=${items["title"]}"); // title=ゆゆうブログ

ありがとうございました!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA