WordPress

【WordPress】リダイレクトループの解決方法【ConohaWing】

【WordPress】リダイレクトループの解決方法【ConohaWing】

ある日、サーチコンソールのカバレッジに「リダイレクトエラー」が検出されました。

クリックするだけで簡単に解決できる方法がわかりましたので共有させて頂きます。

前提

エラーが起きた環境は以下のとおりです。

  • レンタルサーバー:Conoha Wing
  • ドメイン管理:Conoha Wing
  • SSH:Conohaの無料独自SSL
  • ブログ:WordPress
  • テーマ:JIN
  • WordPressのインストール:Conoha Wingで初期設定(引っ越しなどではない)

エラー内容

サーチコンソールで以下のようなエラーが検出されました。

記載のURLをブラウザで開くと確かに以下のようなエラー画面となっていました。

結論

Conohaのコントロールパネルでコンテンツキャッシュの利用設定を「ON(静的コンテンツのみ)」に変更するだけで解決します。

原因

リダイレクトエラーが起きた原因をConohaのサポートに問い合わせした結果、以下のような回答がありました。

お問い合わせの件につきまして、リダイレクトループについて
WINGのサーバー構成により.htaccessに「Expires~」という
記述の箇所がある場合、こちらがキャッシュの動作をさせる
記述となり、コンテンツキャッシュの機能との競合により
発生いたします。

対策としましてはコンテンツキャッシュをOFFにしていただくか
コンテンツキャッシュをONにする場合は該当の記述箇所を
削除もしくはコメントアウトしていただき、該当記述を追加
するようなプラグインを導入されている場合はプラグインも
無効化いただければと存じます。

つまり、「.htaccess」と「コンテンツキャッシュ」の設定が競合しているからどちらかを変更してください。ということですね。

今回は、簡単に変更できる「コンテンツキャッシュ」の設定を変更して対応しました。

ログイン

では、簡単な方の解決策である「コンテンツキャッシュ」の設定を変更します。

まずは、Conohaのコントロールパネルにログインします。

https://www.conoha.jp/login/?btn_id=wing-glonavi_login&service=wing

サイト管理を開く

Conohaのコントロールパネルを開いたら「サイト管理」をクリックします。

応用設定を開く

「応用設定」をクリックします。

コンテンツキャッシュを開く

応用設定の中にある「コンテンツキャッシュ」をクリックします。

コンテンツキャッシュを「ON(静的コンテンツのみ)」に設定する

現在のコンテンツキャッシュが「ON(すべてのコンテンツ)」になっています。

右側のえんぴつマークをクリックし、変更画面を開きます。

利用設定の選択から「ON(静的コンテンツのみ)」を選びます。

保存ボタンをクリックし、設定を保存します。

エラーが起きていたサイトの確認

以上で、コンテンツキャッシュの設定が完了です。

リダイレクトループによりエラーとなっていたURLをブラウザで開いてみてください。

設定が反映されエラーが解消されているはずです。

まとめ

WordPressの設定ファイルや「.htaccess」などを変更することなく、コントロールパネルから簡単にエラーを解消することが出来ました。

同じエラーに悩まれている方の参考になれば幸いです。

ありがとうございました!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA